九州保健福祉大学 通信教育部 幼保特例プログラム
九州保健福祉大学 2016年度 幼保特例プログラムについて 幼稚園教諭免許をお持ちの方へ

1.認定こども園法改正に伴う特例制度における保育士資格取得について

 認定こども園法の改正により、「学校及び児童福祉施設としての法的位置付けを持つ単一の施設」として、新たな「幼保型連携認定こども園」が創設され、その職員である「保育教諭」については、「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方の免許・資格を有していることが原則となります。「幼保型連携認定こども園」への円滑な移行を進めるために、改正認定こども園法施行後5年間(平成32年3月まで<予定>)は、「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の免許・資格をお持ちの方で、3年以上の実務経験を有する方が、少ない学習負担でもうひとつの免許・資格を取得できる特例制度(経過措置)が設けられます。

 本学では、特例措置(経過措置)期間中に所定の特例科目の単位を修得し、各自で申請することで「保育士資格」を取得することができます。

※特例措置(経過措置)における「幼稚園教諭免許状」取得に関する科目は開講しません。

※改正認定こども園法施行後5年間(平成32年3月まで<予定>)に、所定の科目の単位を修得する必要があります。

今回の特例措置

※1 幼稚園教諭免許を有し、次の施設において「3年以上かつ4320時間以上」の実務経験を有する者です。

(1)幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)  (2)認定こども園  (3)保育所 (4)公立の認可外保育施設 (5)へき地保育所 (6)幼稚園併設型認可外保育施設

(7)認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設(ただし、一部施設を除く)。

このページの先頭へ