九州保健福祉大学 通信教育部 社会福祉学部 臨床福祉学科

受験生の方へ

メッセージ

教員メッセージ

山﨑きよ子先生(トリミング済)14_yamasaki

福祉の専門家として、スタートラインに立つ学びを。

社会福祉学部 教授 山﨑 きよ子

担当科目:高齢者に対する支援と介護保険制度

 福祉施設で働くAさんに「施設で働くなら専門的知識、技術を持って働いた方がいいのではないでしょうか?」とお話したことがあります。
  Aさんはそれまで、自分が大学教育をうけることに全く思い及ぶことはなかったそうです。「気が付いてみたら、違う専門技術で福祉施設に入職し、配置換えの中で必要な経験を積み、資格を取っていったので、いつも資格を取る勉強はしてきたけれど、そのことと大学教育についての関連性は考えたことが無かった。」とのことです。
  私はAさんのまじめな人柄や向上心を持って物事に取り組む姿勢を尊敬していましたので、今後Aさんが福祉の仕事について、もっと根拠をもって進めていけたら素晴らしいものになると考えていました。
  「九州保健福祉大学には通信教育部があるので通信教育で学びませんか?福祉の資格を取るだけなら専門学校もありますが、大学はスクーリングなどを通して多くの志を同じくする友人もできますよ。」と話すと、彼は「やってみます。」と言ってくれました。Aさんが職場の上司に相談すると「通信教育は強い意志が必要だが、できるかね?」と聞かれたそうです。彼はそこで「必ず4年間で卒業します。」と決意を口にしました。
  そして4年後のこの春見事にその決意を実行しました。
  4年間の間には更なる配置転換もあり、慣れない職場での苦労も並大抵のことではなかったようですが、とにかく彼はやり遂げました。
  この経験は、彼に福祉の仕事に対する専門性を向上させただけでなく、彼の自己肯定感をも向上させることにつながったと思います。
  3月の卒業式では本当に晴れがましいAさんの笑顔がありました。大学を出たからと言ってすぐに専門性が発揮できるようになるわけではないと思います。しかし専門家としての入り口にたどり着き専門的なものの見方、考え方ができるようになったことは確かだと思います。Aさんの今後の活躍を祈念しております。
  この文章を読んで下さった方の中から第2のAさんが誕生することを希望します。

横山裕先生(トリミング済)14_yokoyama

多くの出会いと切磋琢磨のなかで。

社会福祉学部 准教授 横山 裕

担当科目:社会福祉概論Ⅰ

 通信教育での学習は、課題の自主学習とスクーリングのグループ学習を通じて福祉実践に役立つ専門知識・技術を修得し、専門職として社会に貢献できる人材に自分自身を高めることを目標にしています。その結果としてみなさん一人一人が目的とする資格取得があります。
  また、同じ志をもったたくさんの人たちと出会い、切磋琢磨する中でさらに大切な何かも見つけることでしょう。
  福祉のこころを大切にし、人の心の痛みを感じとることができる人、人を支援することに関心を持っている人、福祉、医療、教育領域の専門性の高い仕事に就く意欲がある人、そんな方々を私たちは全力で応援します。

社会福祉学部 講師 加藤 謙介

「心理学を学ぶこと」から、「学び」を深めてみませんか?

社会福祉学部 講師 加藤 謙介

担当科目:心理学基礎実験・実習

 通信教育部には年齢も立場も様々な方が来られますが、受講される皆さんの学ぶ意欲が大変高く、科目担当者の私も、毎年多くの刺激をいただいています。
  私の担当する『心理学基礎実験・実習Ⅰ・Ⅱ』は、「心理学の様々な実験課題を体験し、データをまとめ、レポートを書く」ことを通して、「心理学を学ぶこと」を学んでいただく科目です。変わった課題やたくさんのレポートに驚かれる方も少なくありませんが、きっと皆さんの学びを深める一助になると思います。本科目を通して、「心理学を学ぶこと」を学んでいただくとともに、「学び」それ自体を深める経験を得ていただければ、何より幸いです。

社会福祉学部 准教授 川﨑 順子

~地域共生社会の実現を目指して~ 学ぶことからチャレンジ

社会福祉学部 准教授 川﨑 順子

担当科目:地域福祉の理論と方法

 誰もがかけがえのない存在として認められる社会にするためには、どうすればいいのでしょうか?その問いを一緒に手繰っていきませんか?
 相談援助の専門職としてのあり方を追求することや資格を取得することも一つの形ですし、一人の人間として学び直すことも大事なことだと思います。
 現実を知り、学び、考え、行動することから、きっと新しい自分が見つけられると思います。通信教育部の教育プログラムでは、価値観を土台に据えること、実践の裏付けとなる理論を学ぶこと、対人援助職に必要とされる技術を高めることが組み込まれています。今の社会をどう考え、これからをどう創るか共に学び合いましょう。あなたの踏み出す一歩をお待ちしています。

このページの先頭へ