九州保健福祉大学 通信教育部 社会福祉学部 臨床福祉学科

受験生の方へ

メッセージ

教員メッセージ

社会福祉学部 教授 山﨑 きよ子

人と社会の架け橋に。

社会福祉学部 教授 山﨑 きよ子

担当科目:高齢者に対する支援と介護保険制度

 「人」は奥深く、「社会」は複雑です。社会福祉は「人と環境の接点に介入する」仕事であるとされています。そして社会的困難を抱えた人がもう一度社会に参加し、その困難を乗り越えていくことを支援する仕事です。実は私達一人ひとりもいろいろな困難を抱えています。社会的困難を抱える人というのは何も特殊な人ではありません。社会福祉を学ぶことは自分に向き合い、自分を理解していく道筋でもあります。今後ますます日本は少子高齢化となり否応なく私達一人ひとりがその中に巻き込まれていくでしょう。
 私達とともに、これからの人生を豊かにするために学んでみませんか。

社会福祉学部 准教授 横山 裕

一人でも多くの人を幸せに。

社会福祉学部 准教授 横山 裕

担当科目:社会福祉概論Ⅰ

 人は生活していく上で様々な問題を抱えます。多くの人は自分の力で、あるいは周囲の人の力を上手に借りながら問題を解決し、なんとか幸せに生活していくことができます。
 しかし現代の日本では、少子高齢化、格差拡大、雇用不安など様々な社会的要因によって、自分自身で幸せに生活していくことが困難な人が増えています。福祉は人々の生活そのものです。自分が出会っ
たすべての人を幸せにできるようにサポートするのがすべての基本です。
 ぜひ、本学でサポートできる専門的知識と技術を身につけ、一人でも多くの人を幸せにしていきましょう。私たちは全力で応援します。

社会福祉学部 講師 加藤 謙介

心理学をより深く学んでいきましょう。

社会福祉学部 講師 加藤 謙介

担当科目:心理学基礎実験・実習

 通信教育部には、年齢も立場も様々な方が来られますが、皆さんの学ぶ意欲が大変高く、科目担当者の私も毎年多くの刺激をいただいています。私の担当する『心理学基礎実験・実習Ⅰ・Ⅱ』は、「心理学の様々な実験課題を体験し、データをまとめ、レポートを書く」ことを通して、『心理学を”研究”する』ことを学んでいただく科目です。変わった課題やたくさんのレポートに驚かれる方も少なくありませんが、きっと皆さんの学びを深める一助になると思います。

社会福祉学部 准教授 川﨑 順子

社会福祉士の活躍の場は、ますます広がっています。

社会福祉学部 准教授 川﨑 順子

担当科目:地域福祉の理論と方法

 私たちの生活は日々変化し、誰もが人生の局面で様々な生活課題を抱える深刻な状況にあります。この現実をどうにかしたい。そのためには、一人ひとりのニーズを見逃さず、適切な支援に結びつけていく、そして誰もが自分らしく生きられる社会の実現を目指していくことが求められます。社会福祉士は相談援助の専門職として福祉の分野のみならず、保健・医療・教育・就労・司法など生活関連のあらゆる領域で活躍する場が広がっています。
 あなたも一緒に本学で専門知識と技術を学び、実践力のある社会福祉士を目指していきませんか。きっと新たな自分が見つけられると思います。私たち教員は、あなたの踏み出す一歩を応援します。

このページの先頭へ